スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2019.01.17

茨城県 ひたちなか市立長堀小学校 5年2組

小林 弥生

夢先生
小林 弥生(サッカー)

photo

茨城県ひたちなか市立長堀小学校5年2組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元サッカー女子日本代表の小林弥生さん。
「ゲームの時間」では、小林さんと児童たちが対戦するゲームに挑戦しました。児童達は小林さんに負けないように、皆で協力してクリアを目指し活動しました。うまくいかない時は、皆で集まり作戦を考えてチャレンジしていきました。まとめの言葉として、「みんなが1つの方向に向かってやろうとしたことが素晴らしい。自分で考える。周りに相談する。周りの意見を聞くことが大切」というメッセージを送りました。
「トークの時間」では、小学1年生の時にサッカーを始めたという話から、オリンピックに出るという夢を持ち、ケガや挫折を乗り越えて努力を続けたという話を披露しました。「“自分を信じてほしい”“味方を信じてほしい”“チームで戦え”“ひとりじゃない”夢があったから頑張れたし、周りに支えてくれた人がいたから頑張れた。夢が叶うか叶わないかは分からないけど、みんなには夢を持ってほしいなと思います」というメッセージを送りました。

photo

photo