スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2019.01.15

茨城県 神栖市立植松小学校 5年2組

小宮山 友祐

夢先生
小宮山 友祐(フットサル)

photo

神栖市立植松小学校5年2組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは元プロフットサル選手の小宮山友祐さん。
「ゲームの時間」は小宮山さんと児童たちが一つのチームになってゲームに挑戦しました。体育館を元気に走り、目標をクリアするべくチャレンジをしました。小宮山さんはまとめの言葉として「何でも一生懸命にやってみること、目標を作ったらそれに向かってチャレンジすること、そして今この時間を大切にしてほしい。」というメッセージを送りました。
「トークの時間」では小宮山さんがサッカー選手になりたいという夢を持つも怪我に苛まれ悔しくも諦めてしまった話、その後に先生になるという夢を叶え、フットサルと出会い新しい道を進んだ話を伝えました。
授業の終わりにまとめの言葉として小宮山さんは「今という時間を大切にしてほしい。夢や好きな事があったら時間を忘れるくらい一生懸命に取り組めるようになってほしい。」というメッセージを送りました。

photo

photo