スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2019.01.15

茨城県 神栖市立植松小学校 5年1組

株木 孝行

夢先生
株木 孝行(ラグビー)

photo

神栖市立植松小学校5年1組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元ラグビー選手の株木孝行さん。
「ゲームの時間」では、初めに株木さんがデモンストレーションとしてラグビーのパスを披露しました。体育館の端から端まで届くロングパスを目にした児童たちからは歓声が上がりました。
その後は、株木さんと児童達が1つのチームとなりゲームに挑戦。うまくいかない時は、皆で作戦を立てて、クリアに向けて協力をしました。まとめの言葉として、株木さんは「最初はできるかどうかわからなかったけれど、皆で協力をして力をあわせたから成功することができた。これからも皆で協力をして何かに取り組むときがあると思うので、今日のことを生かしていってほしいです。」というメッセージを送りました。
「トークの時間」では、株木さんが小学2年生の時に、最強になりたい、という夢を持った話から、そのために空手とバスケに力を注いだ子供の頃の話、その後に空手とバスケを併せたようなラグビーというスポーツに出会い、夢中になった話を披露しました。
「誰に何を言われても自分がやりたい事、好きな事に力を注ぐ事が大切。夢が叶うかどうかは自分の気持ち次第。夢が見つかったら全力で努力してみてほしい。」というメッセージを児童達へ伝えました。

photo

photo