スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.12.19

宮城県 岩沼市立岩沼小学校 5年3組

高橋 一馬

夢先生
高橋 一馬(アイスホッケー)

photo

宮城県岩沼市立岩沼小学校5年3組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元プロアイスホッケー選手の高橋一馬さん。
「ゲームの時間」では、高橋さんと児童が一緒にゲームに挑戦。難易度の高いゲームに苦戦しますが、諦めずにチャレンジします。何度も何度も作戦を立てて、気持ちを1つにすることでゴールに近づいていった児童にゲーム終了後、高橋さんは「作戦タイムで紙とペンがあれば説明できるって言っていた子、すごく気持ちが分かる。でも今それがない中でどうやって伝えるのかを考えてほしい。そしてまわりはそれを聞いて理解しようとする事が大切」と伝えました。
「トークの時間」では、高橋さんがアイスホッケーを始めてからプロのアイスホッケー選手としてアメリカに挑戦するまでの話を披露。プロのアイスホッケー選手になってからはなかなか試合に出られなかった高橋さん。どんな努力をすればいいのか考え尽くしますが、なかなかその努力が実らず悩んで寝られない日もあったと語りました。その時には一度チームを出るという決断をし、自分を必要としているチームで活躍する事が出来た高橋さん。最後のまとめでは「努力が評価されず、悩んだ時には逃げるという選択肢もあって良いかもしれない。でも自分がここと決めた瞬間は諦めずにやり続けて欲しい」と伝えました。

photo

photo