スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.12.18

福島県 いわき市立平第一小学校 5年1組

鶴岡 剣太郎

夢先生
鶴岡 剣太郎(スノーボード)

photo

福島県いわき市立平第一小学校5年1組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元スノーボード選手でトリノオリンピックに出場した鶴岡剣太郎さん。
「ゲームの時間」では、鶴岡さんと児童達が1つのチームとなりゲームにチャレンジしました。うまくいかない時は、皆で意見交換し協力する事でゲームのクリアをしていきました。まとめの言葉で鶴岡さんは「何が楽しかった要因なのか?話し合ってみんなで協力したことが、楽しいことに繋がったよね。楽しさを作ることって、最初に約束した3つのことが重要だったのかもしれないね。①一生懸命に全力で取り組む②クラスのみんなで協力する③ルールを守る」と振り返りました。
「トークの時間」では、鶴岡さんがスノーボードを始めたきっかけや、挫折を乗り越えた話、夢を叶えるまでの話を披露しました。無理と思った時には本気になれない、自分で決心して本気になることで理想の自分になることができたと熱く語り掛けました。最後に「最少は上手くいかないことも、失敗をして学んでいく。考える、協力する、気を配ること。きっと役に立つと思います。楽しさ、夢をつかむ為の鍵がゲームやトークの時間にあったと思います」と児童達へメッセージを送りました。

photo

photo