スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.12.07

宮城県 塩竈市立第二小学校 5年1組

稲若 健志

夢先生
稲若 健志(サッカー)

photo

宮城県塩竈市立第二小学校5年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元プロサッカー選手の稲若健志さん。
「ゲームの時間」では、初めに稲若さんがサッカーを習っている児童と向き合ってパス交換を披露。稲若さんが狭い隙間を抜くパスを成功させると児童は歓声を上げていました。その後は稲若さんもクラスの中に入りチームワークゲームに挑戦しました。児童は一生懸命に取り組んで、ゲームを何とかクリアに近付こうとしますが、なかなか上手くいきません。上手くいっていない原因は何か、どうすればみんなの心が1つになるのかを話し合いながら挑戦を繰り返し、見事成功する事ができました。一緒に取り組んだ稲若さんは「最初からやろうとする気持ちが全面に出ていて素晴らしかったね」と伝えました。
「トークの時間」では稲若さんがプロサッカー選手になるまでの話を披露。中学校を変えてまで入りたかったサッカー部ではずっと試合に出られず、ポジションは中学2年までベンチだったと語り、初めてスタメンで使ってもらった試合では、嬉しいのと同時に親への感謝の気持ちに気付いたと語りました。その後、チャレンジと失敗を繰り返しながら見事プロサッカー選手になることの出来た稲若さん。話の最後には「自分は人よりも諦めが悪かったから夢が叶ったと思っている。みんなもぜひ諦めそうな時こそ挑戦して欲しい」と伝えました。

photo

photo