スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.12.07

宮城県 塩竈市立第二小学校 5年3組

稲若 健志

夢先生
稲若 健志(サッカー)

photo

宮城県塩竈市立第二小学校5年3組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元プロサッカー選手の稲若健志さん。
「ゲームの時間」では、初めに稲若さんがサッカーを習っている児童と向き合ってロングパスを披露。パスが成功すると児童から大きな歓声が上がっていました。その後は稲若さんと児童が一緒に様々なゲームに挑戦。初めはなかなかうまくいかないゲームも、途中みんなで作戦を考え、実行することにより課題を見事にクリアすることができました。一緒に取り組んだ稲若さんは「元気が良いのは素晴らしい事だと思います。みんなの心を揃えて挑戦するのが大切だったね」と伝えました。
「トークの時間」では、稲若さんがプロサッカー選手になるまでの話を披露。小学生の時、マラドーナに憧れて「プロサッカー選手」という夢を持ったという稲若さん。その後なかなか試合に出られずに苦労したことや、海外に挑戦するもののなかなかチームが決まらなかったことなど、何度も心が折れそうになる瞬間があったと語りました。たくさんの失敗を経験した稲若さんですが「自分はあきらめが悪かったから夢を叶えることができた。みんなにも信念を持って、まわりから何を言われてもやり続ける・貫くような強い心を持ってほしい」と力強いメッセージを送りました。

photo

photo