スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.12.11

福島県 田村市立都路小学校 5年1組

藤田 安澄

夢先生
藤田 安澄(フットサル)

photo

福島県田村市立都路小学校5年1組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元フットサル女子日本代表の藤田安澄さん。
「ゲームの時間」では、児童と藤田さんが一緒にゲームに挑戦。どのようにしたらうまくいくか、お互いに考えて意見を出し合いながら、声を掛け合ってクリアを目指しました。
藤田さんは、「みんなが意見を出して、コミュニケーションをとり、協力して取り組むことができた。また、みんなでお互いの様子を観察して、周りを見て行動できていた。誰かが困っている時も、そんな風に手を差し伸べられる人になって欲しい」とこの時間をまとめました。
「トークの時間」では、サッカーやバスケットボールなど、体を動かすことが大好きだったという藤田さんの幼い頃の話から始まりました。大学卒業後、高校の体育教員という道を選んだ藤田さんでしたが、フットサルというスポーツに出会い、そして海外への挑戦を経てフットサル女子日本代表の初代キャプテンを務めるまでの自身の経験を伝えました。
藤田さんは、「何かに取り組んでいると、"気づき"が生まれる。その"気づき"から、"行動する"ことを続けて行くと、自分の力になっていく」とメッセージを伝えました。

photo

photo