スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.12.06

宮城県 亘理町立逢隈中学校 2年1組

秋本 真吾

夢先生
秋本 真吾(陸上競技短距離・ハードル)

photo

宮城県亘理町立逢隈中学校2年1組の生徒を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元陸上選手で200mハードルのアジア記録を持つ秋本真吾さん。
「ゲームの時間」では秋本さんと生徒が1つのチームになりゲームに挑戦。うまくいかない時は作戦タイムで意見を出し合いながらチャレンジしていました。そして同じチームで取り組んだ秋本さんが、35分間の「ゲームの時間」を通して伝えたかった事として「正直、ゲームの中では上手くいかない事だらけだったよね。でも実は自分の人生も失敗ばかりだったんだ。でもなぜ夢を諦めずに頑張れたかっていう話を次の時間にするので、みんな聞いて欲しい」と伝えました。
「トークの時間」では秋本さんが「陸上選手」という夢を持ち、それに向かっていくまでの話を披露。中学生までは棒高跳び専門で取り組んでいた秋本さん。高校の陸上部に棒高跳びのポールがなく、先生の薦めで400mハードルをやってみる事にしたと語りました。秋本さんは自分の経験の中から感じた大切な事として「つまらないと感じるのは、自分がそれを出来ないから。だったら出来るようになるまで練習すればいい。できるようになったら周りが認めてくれるようになって楽しくなる。だからすぐに諦めずにチャレンジして欲しい」というメッセージを送りました。

photo

photo