スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.11.28

岩手県 釜石市立釜石中学校 2年2組

権東 勇介

夢先生
権東 勇介(サッカー)

photo

岩手県釜石市立釜石中学校2年2組の生徒を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元プロサッカー選手の権東勇介さん。
「ゲームの時間」の冒頭では、正確なパスを披露しました。その後は、生徒と権東さんが1つのチームになってゲームにチャレンジしました。始めは上手くいかなかったことでも、作戦タイムで意見交換をし、協力することでゲームをクリアしていきした。
「トークの時間」では、権東さんが夢を持ったきっかけや、夢をかなえるまでの話を披露しました。18歳でプロサッカー選手になる夢をかなえる為に、小学生から目標を立ててサッカーを続けた権東さん。目標を達成できなくて、とても落ち込む事もあったが周りの人たちの言葉で、もう一度頑張ることができたと話し、何事に対しても全力で取り組んでいたから、助けてくれる人が出てきたと続けました。まとめの言葉では「良い習慣を作ってほしいと思う。この先自分で判断や決断をする場面で、自分が良い思うことをしていってほしい。何か嫌なことが起こった時に、他人のせいにするのではなく、自分に矢印を向けて決断していってほしい。日々、毎日を大切にして良い習慣を身に付けてください」とメッセージを伝えました。

photo

photo