スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.11.29

岩手県 大船渡市立越喜来中学校 2年A組

臼井 裕二

夢先生
臼井 裕二(スノーボード)

photo

岩手県大船渡市立越喜来中学校2年A組の生徒を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは日本スノーボード協会公認デモンストレーターの臼井裕二選手。
「ゲームの時間」では、臼井選手と生徒が1つのチームとなりゲームにチャレンジしました。うまくいかない時は、皆で意見交換をして協力する事でゲームのクリアをしていきました。
「トークの時間」では、臼井さんの幼少期から話が始まり、スノーボードを始めたきっかけや夢を持った話、今も夢に向っている話をしました。3度目の正直で出会ったスノーボードでは、何とか上手くなりたい、続けたいと強い意志を持って夢に進んでいった話をしました。まとめでは「意志ある人に道あり。強く絶対になるという思い(意志)を持つ。そうすると必ず道は開けてくる。強い意志を持って進んでいってほしい」とメッセージを伝えました。

photo

photo