スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.11.26

青森県 三沢市立三川目小学校 3~6年1組

島田 裕介

夢先生
島田 裕介(サッカー)

photo

青森県三沢市立三川目小学校3-6年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元プロサッカー選手の島田裕介さん。
「ゲームの時間」では、初めに島田さんがデモンストレーションとしてキックを披露しました。ボールを扱う正確性に児童達は驚きの声を上げていました。その後は島田さんと児童達が一緒のチームになってゲームに挑戦しました。全力でチャレンジし、失敗する時もありましたが、意見を出し合い協力することでゲームをクリアしていきました。
「トークの時間」では、島田さんがサッカーを始めたきっかけや夢を叶えるまでの話を披露しました。いつも全力でやるから悔しさも大きかった。結果はもちろん大事だけど、それまでの過程が大切。全力でやったあと、ダメだった時に「悔しい」と思う。だからもっと努力しようと思う。夢や目標に向かって、全力でやり続ける事が大事だと熱く語りかけました。まとめの言葉では「夢を持ったら全力で頑張ってほしい。上手くいかない時に必死になって頑張ることで、必ず見てくれている人がいる。いつチャンスがくるか分からないから、自分を信じて日々の努力を全力でやってほしい」とメッセージを伝えました。

photo

photo