スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.11.19

岩手県 宮古市立川井中学校 1-3年1組

古木 克明

夢先生
古木 克明(野球)

photo

岩手県宮古市立川井中学校1-3年1組の生徒を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元プロ野球選手の古木克明さん。
「ゲームの時間」では、古木さんが生徒とのキャッチボールで触れ合った後、生徒たちが古木さんと一緒にゲームに挑戦しました。上手くいかない時は作戦タイムを通して、どのようにしたらクリアできるかアイデアを出し合い、コミュニケーションをとって協力して取り組んでいました。
「トークの時間」では、古木さんの小学生時代や、憧れの選手を目指してプロ野球選手になりたいという夢を持ってから、諦めずに努力して夢を叶えることができたという自身の経験を語りました。「プロ野球選手」という夢から逆算して、甲子園出場を目指して野球の強豪校に入学。親元を離れた寮生活で、厳しい環境の中でしたが、「夢があったから逃げなかった」と古木さんは語り、今まで何不自由なく野球に取り組むことができたのは両親のおかげだと気づき、感謝の気持ちを持ったと続けました。最後に古木さんは、「大人になって気付いたことがあります。“モテたい”という気持ちが、とても大事だと思った。人を喜ばすこと、憧れの人になる。それも“モテる”ということ。みんなカッコ良く成長してほしいと思います」とメッセージを伝えました。

photo

photo