スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.11.16

福島県 いわき市立小川小学校 5年1組

西嶋 弘之

夢先生
西嶋 弘之(サッカー)

photo

福島県いわき市立小川小学校5年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元プロサッカー選手の西嶋弘之さん。
「ゲームの時間」では、冒頭にデモンストレーションとして、西嶋さんがサッカーボールを勢いのあるシュートを披露しました。サッカーをしている児童も一緒にシュートに挑戦。その後は西嶋さんと児童達が一緒のチームになりゲームに挑戦。うまくいかない時は、皆でアイデアを出し、作戦を立てて挑戦をし続けました。
ゲームの時間の終わりには、西嶋さんからまとめの言葉として児童達に「皆、一人一人、一生懸命取り組んでいた。それが凄く良かった。ルールも守れていた。この先の学校生活でも皆で力をあわせて行動する事があると思うので、今日の事を生かしていってほしいです。」というメッセージを送りました。
「トークの時間」は、西嶋さんがサッカーを始めたきっかけ、プロサッカー選手になりたいという夢を持った時の話から、どのように目標に向かって進んだのかという話をしました。自分で決めたことを途中で投げ出さずにあきらめずに進み続けた結果、夢を叶えることができたという西嶋さん。まとめの言葉として「挑戦する事でわかることもある。夢は大きいほど叶えるのは難しいかもしれないけれど、簡単に諦めないでほしい。諦めたら終わってしまう。今やるべきことを一生懸命取り組んでみてほしい。できるようになるスピードは関係ない。」というメッセージを送りました。

photo

photo