スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.11.02

宮城県 多賀城市立多賀城八幡小学校 5年2組

一戸 剛

夢先生
一戸 剛(スキースキージャンプ)

photo

宮城県多賀城市立多賀城八幡小学校5年2組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、スキージャンプでトリノオリンピックに出場した経験を持つ、一戸剛さん。
「ゲームの時間」では、一戸さんもクラスの中に入ってゲームに挑戦。最初はなかなかチームの息が合わず、クリア出来ませんでしたが、何度も何度も諦めずに挑戦した事で、少しずつゴールに近づく事ができ、クリアした時にはその喜びを爆発させていました。
「トークの時間」では、一戸さんがスキーを始めてからトリノオリンピックに出場するまでの話を披露。最初はクロスカントリーとスキージャンプの複合競技の選手として活躍していた一戸さん。しかし22歳の時に難病にかかり、競技を続けられなくなってしまいます。夢だった「オリンピック出場」を諦めなかった一戸さんは医師に相談。「1年だけスキージャンプのみでなら活動して良い」と声をかけてもらいます。それからはジャンプ1本1本がラストだという想いで練習に取り組み、見事夢を叶える事ができました。一戸さんは「みんなにも諦めないこと、周りの人の言葉に耳を傾けること、そして1日1日を大事にすることを心に生きていって欲しい」と児童にメッセージを送りました。

photo

photo