スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.10.31

福島県 南相馬市立小高区4小学校(小高・福浦・金房・鳩原) 5・6年1組

銘苅 淳

夢先生
銘苅 淳(ハンドボール)

photo

福島県南相馬市立小高区4小学校5・6年生の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、ハンドボール選手として活躍する銘苅淳選手。
「ゲームの時間」では冒頭に、銘苅選手がゴールに向かってシュートを披露。そのスピードと威力に児童は歓声を上げていました。その後は、銘苅選手と児童が1つのチームとなってゲームに挑戦。頭をひねって、色々なアイデアを出しながら一生懸命に挑戦し、ラストチャンスで見事クリアする事ができました。銘苅選手は「自分が100%でやっていないと協力にはならない。その中みんなは一生懸命取り組んでいたと思う。この経験を忘れないで欲しい」と伝えました。
「トークの時間」では、銘苅選手がハンドボールに出会い、夢に向かってどんな道のりを歩いているかという話を披露。たくさんの挑戦の度に、色んな人との出会いがあり、その出会いが夢を叶えるためにとても大切だったと語りました。「なんくるないさ!」という言葉を心に、なりたい自分に向け突き進んでいる銘苅さん。話の最後には「もしやりたい事、挑戦したい世界があるのなら勇気を出して今の場所を飛び出し、その世界に飛び込む事が大切。ぜひ頑張って欲しい」とメッセージを送りました。

photo

photo