スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2018.10.31

千葉県 旭市立豊畑小学校 5年1組

清水 利生

夢先生
清水 利生(フットサル)

photo

千葉県旭市立豊畑小学校5年1組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元フットサル選手の清水利生さん。
「ゲームの時間」では、冒頭に清水さんがサッカーボールを使い、キックのデモンストレーションを披露しました。正確なキックに児童たちからは歓声があがり、数名の児童とパス交換もしました。
その後は児童達と一つのチームとなってゲームに挑戦。うまくいかない時はどうしてできなかったかを皆で考え、次に繋げていきました。チャレンジを重ねて最後は見事にゲームをクリア。まとめの言葉として清水さんは「皆で協力をしたから大きな力が出せた。何かをする時に皆で力を合わせると、一人ではできないこともできる。この経験を大切に、今後も生かしていってほしいです。」というメッセージを送りました。
「トークの時間」では、清水さんが子供の頃、はじめはサッカー選手になりたいという夢を持っていたという話からフットサルとの出会い、先輩からの言葉がきっかけで、本気で夢を追いかけたという話を披露しました。授業の終わりにまとめの言葉として清水さんは「夢をあきらめそうになった時はいつも人のせいにしていた。それではダメだと気付いた。落ち込んだ時に大切だと思えたことは、仲間、失敗から逃げない、チャレンジ、という3つの事。皆も夢や目標を持ったら、それに向かって逃げずにチャレンジしてほしい。諦めそうになった時には今日の事も思い出して頑張ってください。」というメッセージを送りました。

photo

photo