スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.11.01

宮城県 名取市立那智が丘小学校 5年1組

小針 清允

夢先生
小針 清允(サッカー)

photo

宮城県名取市立那智が丘小学校5年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元プロサッカー選手の小針清允さん。
「ゲームの時間」では、冒頭に小針さんがサッカーボールを使ったスローイングを披露。体育館の端から投げたボールは、反対端の壁に直撃。児童から大きな歓声が上がりました。その後は、小針さんと児童が1つのチームになって、色々なゲームに挑戦。意見を出し合い、作戦を立てて挑戦した児童に小針さんから「どんなに頑張っても成功する時もあれば、失敗する時もある。今日みんながクリアしようと一生懸命な姿が良かった」とメッセージを送りました。
「トークの時間」では、小針さんがプロサッカー選手になるという夢を叶えるまでの話を披露。小学生からサッカーを始めた小針さん。目標を立て、その目標をクリアしていく事で少しずつ夢に近づいたという経験を伝えました。話の最後には「夢を叶えるまでには上手くいかない時もある。でもみんなには強い気持ちを持って、自分に負けないでほしい」と児童にメッセージを送りました。

photo

photo