スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.10.29

岩手県 陸前高田市立竹駒小学校 5・6年1組

岡里 明美

夢先生
岡里 明美(バスケットボール)

photo

岩手県陸前高田市立竹駒小学校5・6年生の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、バスケットボール元女子日本代表の岡里明美さん。
「ゲームの時間」では冒頭に連続10回の華麗なシュートを披露しました。ゴールにボールが吸い込まれていくような正確なシュートに、児童たちからは歓声があがりました。その後は岡里さんと児童が一緒のチームとなってゲームにチャレンジ。うまくいかない時は皆で作戦を立ててチャレンジをし続けました。ゲームの時間の終わりに、まとめの言葉として「皆が笑顔でとても楽しく活動できたことが素晴らしい。皆の良いところを一つにすれば、もっと大きな事もできると思います。これからの学校生活でも今日の事を生かしていってほしいです。」というメッセージを送りました。
「トークの時間」では、岡里さんがバスケットボール選手になって日本代表選手になりたという夢を持った時の話から、夢を叶えるために勇気をもって挑戦を重ねた話をしました。あきらめそうになった時は自分を応援してくれる家族や友達の顔が浮かんで頑張ることができたという岡里さん。トークの時間の終わりに、まとめの言葉として「夢を持って前向きに行動をすると必ず良い方向に進んでいける。小さな勇気を重ねていけば、いずれ大きな勇気が必要になったときも行動できるもの。そしてまわりの人への感謝の気持ちを忘れない事も大切。」というメッセージを伝えました。

photo

photo