スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2018.10.26

岩手県 久慈市立久慈小学校 5年1組

岡田 麻央

夢先生
岡田 麻央(バスケットボール)

photo

岩手県久慈市立久慈小学校5年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。夢先生を務めたのは元バスケットボール選手の岡田麻央さん。
前半の「ゲームの時間では」冒頭に岡田さんと児童がバスケットボールを使い1対1を披露。岡田さんのボールさばきに児童から歓声が上がりました。その後は岡田さんもクラスの中に入り、チームワークゲームに挑戦。上手くいかない時にはお互いの意見を出しながら作戦を立て、何度も諦めずに挑戦した結果、見事クリアする事ができました。一緒に挑戦した岡田さんは「たとえみんな1人1人が意見を持っていたとしても、全員で1つの目標を達成する時には、みんながその意見を理解できていないと意味がない。みんなには気づく力があると思うので、これからはそういう事も少し、心に置いておいてほしい」と伝えました。
後半の「トークの時間」では岡田さんがプロバスケットボール選手になるまでの話を披露。小学校4年生から始めたバスケットボールが大好きになり、夢中でやっていると「もっと上手くなりたい」という目標が出来たと語りました。怪我に悩まされながらも「バスケットボールが好き・上手くなりたい」という想いで乗り越えてきた岡田さん。話の締めくくりとして「好きな事を続けてきた事で夢ができました。苦しい事を乗り越えてきた事で、自信がついてそれは今、夢に向かっている時にすごく役立っています。ぜひみんなにも今好きな事を続けて欲しい」と伝えました。

photo

photo