スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2018.10.24

茨城県 日立市立大みか小学校 5年1組

田中 琴乃

夢先生
田中 琴乃(新体操)

photo

茨城県日立市立大みか小学校5年1組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元新体操日本代表(フェアリーJAPAN)で、北京・ロンドンと2回オリンピックに出場した経験を持つ田中琴乃さん。
「ゲームの時間」では、児童と田中さんが一つのチームとなり、ゲームに挑戦。うまくいかない時には全員で立てた作戦を再度確認し、お互いに声を掛け合いながらクリアを目指しました。
田中さんは、「みんなで一つのことに取り組む時に必要な、ルールを守ることや全力で取り組むということが得られた時間だった。ぜひこれからの生活にも活かして行って欲しい」とこの時間をまとめました。
「トークの時間」では、5歳の頃にお母さんの勧めで新体操を始めたという、田中さんの幼い頃の話から始まりました。内気で人見知りな子どもだったという小学生時代や、「オリンピック選手になりたい」という夢を持ったきっかけ、そして日本代表選手として活動していく中での様々な経験を児童たちに語りました。
田中さんは、「昨日の自分に負けないという、強い気持ちを持って諦めないで努力をすること、そして"誰かのため"という気持ちも、夢に向かう中で大きな力が湧いてくる。ぜひ皆も自分の夢や目標に向かって、辛いときには家族や友達に相談をしながら、壁から逃げずに向かって行って欲しい」とメッセージを送りました。

photo

photo