スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.10.16

宮城県 利府町立利府西中学校 2年2組

稲若 健志

夢先生
稲若 健志(サッカー)

photo

宮城県利府町立利府西中学校2年2組の生徒を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元プロサッカー選手の稲若健志さん。
「ゲームの時間」では、初めに稲若さんと生徒でサッカーボールを使い、手を使わずに浮き球のパス交換を披露しました。その後は稲若さんと生徒達が1つのチームとなりゲームにチャレンジしました。うまくいかない時は、皆で意見交換をして協力する事でゲームをクリアしていきました。
「トークの時間」では、稲若さんがサッカーを始めたきっかけや、挫折を乗り越えた話、夢を叶えるまでの話を披露しました。一生懸命やっていると必ず誰かが見てくれているし、応援してくれる人も出てくると、何事も一生懸命やることが大切だと伝え、勇気を持って先ずは取り組んでみたから、失敗しても学びになったと熱く語り掛けました。最後に、「人生を歩んでいく中で色々なことがある。“信念”を持ち自分で決断をして進んで行くと、やってみたからこそ感じ取れることがある。先ずはやってみて、失敗をするかもしれないけど、何かを見つけまたチャレンジをしてほしい」と生徒達へメッセージを伝えました。

photo

photo