スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.10.12

宮城県 岩沼市立玉浦中学校 2年1組

池田 めぐみ

夢先生
池田 めぐみ(フェンシング)

photo

宮城県岩沼市立玉浦中学校2年1組の生徒を対象に「スポーツ笑顔の教室」を行いました。
夢先生を務めたのはフェンシング日本代表としてアテネ五輪と北京五輪に2大会連続出場した池田めぐみさん。
「ゲームの時間」では冒頭にフェンシングの剣を使いデモンストレーションを披露。実際に生徒も体験してもらい、感覚を味わっていました。その後は池田さんと生徒が1つのチームになりゲームに挑戦。作戦タイムでは生徒から驚きのアイデアも飛び出し、池田さんと生徒が力を合わせてゲームのクリアを目指しました。ゲームが終わり、池田さんは「作戦タイムではみんなの発想力がすごいと思った。これからもその発想力を伸ばして様々な場面で生かしてほしい」と伝えました。
「トークの時間」では池田さんが「五輪出場」という夢を叶えるまでの話を披露。高校生でフェンシングと出会い、「五輪出場」という夢を叶えるべく東京女子体育大学に進学した池田さん。U20日本代表に選ばれますが、大会1回戦で前十字靭帯断裂という大けがをし、1年間のリハビリ生活に。「辛い時もありましたが、夢があったから心は折れずに頑張る事ができた」と語りました。話の最後には「諦めなければ叶えられない夢は無い。そして夢に大きい小さいは無い。みんなが持った夢に向かって進んでいってほしい」と熱く生徒に伝えました。

photo

photo