スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.10.09

宮城県 気仙沼市立気仙沼小学校 5年1組

東 俊介

夢先生
東 俊介(ハンドボール)

photo

宮城県気仙沼市立気仙沼小学校5年1組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元ハンドボール日本代表の東俊介さん。
「ゲームの時間」では、冒頭に東さんがデモンストレーションとして遠投とシュートを披露しました。シュートの迫力に児童からは歓声が上がりました。その後は東さんと児童達が1つのチームになってゲームにチャレンジ。うまくいかない時は皆で意見交換をし、協力する事でゲームをクリアしました。
「トークの時間」では、運動が苦手だった小学生時代の話から始まり、ハンドボールに出会った話、スポーツで初めて褒められたことから、ハンドボールが好きになったと話しました。周りから”ダメ”だと言われることが大嫌いだった東さん。ダメと言われなくなるにはどうしたら良いか考え、“努力する習慣”を身につけたと振り返りました。最後に、「できる、できないではなく、やるか、やらないか。決めるのは自分。今が積み重なって、未来へと繋がる。本気で今を過ごしていれば必ず夢に近づける。夢が叶わなくても、前に進んだことが全て自分の力になっている。自分が辛い時、苦しい時に“思いやり”を持って行動できるかが一番大事だと思っている」とメッセージを伝えました。

photo

photo