スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.09.21

福島県 相馬市立桜丘小学校 5年2組

川股 要佑

夢先生
川股 要佑(サッカーフットサル)

photo

福島県相馬市立桜丘小学校5年2組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元Jリーガー・Fリーガーの川股要佑さん。
「ゲームの時間」では、児童たちがゲームに挑戦。どのようにしたらうまくいくか、お互いに意見を出し合って作戦を立てながら、何度も諦めずにチャレンジをしました。
川股さんは、「何かに取り組む時、自分1人だけでは頑張ることが難しい。そんな時に、周りの人に対してどんな声を掛けることができるか。みんなにはそれぞれ色々な個性があるので、その個性と仲間とのチームワークをどちらも大切にしていって欲しい」とこの時間をまとめました。
「トークの時間」では、小学2年生でサッカーと出会ったという川股さんの少年時代の頃の話から始まりました。
"キング・カズ"に憧れて夢を持ったこと、その夢に向かう中で挫折を乗り越えながら夢を叶えていった自身の経験を語りました。
川股さんは、「自分が夢に対して本気で取り組んでいたからこそ、応援してくれる人がいた。目の前のこと、今できることをコツコツ続けることを大切にして欲しい」とメッセージを送りました。

photo

photo