スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.09.21

福島県 相馬市立桜丘小学校 5年3組

山本 隆弘

夢先生
山本 隆弘(バレーボール)

photo

福島県相馬市立桜丘小学校5年3組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元バレーボール全日本代表の山本隆弘さん。
「ゲームの時間」では、山本さんと児童たちが一緒にゲームに挑戦。難しいゲームに対しても、色々なアイディアを出して試行錯誤しながら、最後までチームで取り組んでいました。
山本さんは、「みんながチームとして作戦を考えて、お互いに意見を言ったり声を掛けてクリアできたことが良かった。色々な考えを相手に伝えて、これからもチームワークを生活で活かして欲しい」とこの時間をまとめました。
「トークの時間」では、中学2年でバレーボールを始めたという、山本さんの少年時代の話から始まりました。高校生の時に出会った恩師の言葉で、「オリンピック出場」が夢になったという山本さん。しかし、夢に向かう中で、バレーボールを辞めてしまったり、全日本代表としてアテネ五輪出場を逃してしまったりと、決して順調ではなかったそうです。しかしその中でも「夢があったからこそ、その夢に向かって頑張ることができた」と自身の経験を語りました。
山本さんは、「諦めない心を持つこと。そして、周りの協力者・理解者の人を大切にして、自分が楽しいと思えることを続けていって欲しい」とメッセージを伝えました。

photo

photo