スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.09.14

宮城県 東松島市立鳴瀬桜華小学校 5年1組

武井 択也

夢先生
武井 択也(サッカー)

photo

宮城県東松島市立鳴瀬桜華小学校5年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、プロサッカー選手としてガンバ大阪などでプレーした武井択也さん。
「ゲームの時間」では、冒頭に武井さんがマットに向かってキックを披露。そのボールの威力に児童は歓声を上げていました。その後は武井さんと児童が1つのチームになりゲームに挑戦。お互いのアイデアを出し合いながら、クリアを目指しチャレンジしました。一緒に活動した武井さんは「ゲームを成功する為に大切だったのは、友達の意見を聞いて実際にやってみる事。これは夢を叶える時にも大切なので覚えておいてほしい」と児童に伝えました。
「トークの時間」では、武井さんがサッカーを始めたきっかけや「プロサッカー選手」という夢を叶えるまでの話を披露。高校を卒業するまでは全国大会に出場したことのなかった武井さん。レベルの高い大学サッカー部に入る事は出来ましたが、大学2年生まで7軍でプレーしていたと語りました。大好きだったサッカーが嫌になり、やめようと両親に相談した時にかけてもらった言葉をきっかけに、サッカーに対する考え方を変えた武井さんは大学3年生で1軍に昇格。大学卒業後、ガンバ大阪に入ることができました。話の最後に「夢を叶える為には周りの人の言葉を聞くことが大切。皆さんも困った時には周りの人にどんどん聞いてみて欲しい」とメッセージを伝えました。

photo

photo