スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.09.14

宮城県 東松島市立鳴瀬桜華小学校 5年2組

武井 択也

夢先生
武井 択也(サッカー)

photo

宮城県東松島市立鳴瀬桜華小学校5年2組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、プロサッカー選手としてガンバ大阪などでプレーした武井択也さん。
「ゲームの時間」では、冒頭に武井さんと児童がマットに向かってキックを披露。スピードの違いを肌で感じていました。その後は武井さんと児童が「協力」がテーマのゲームに挑戦。上手くいかない時には全員で作戦を立てるため話し合います。全員が同じ目標をクリアする為に意見をすり合わせながら何度も挑戦した結果、見事クリアする事ができました。武井さんは児童に向け「友達の意見を聞いて実際にやってみる事ができたので、クリア出来た。これは夢や目標に向かっていく上でも大切なので覚えておいてほしい」と児童に伝えました。
「トークの時間」ではサッカーを始めたきっかけや、どのように夢に近づいていったかを語りました。小学校から始めたサッカーが大好きになり、大学生に入るまで続けていた武井さん。大学で入ったサッカー部では経験した事の無いレベルの高さに、一度サッカーから心が離れそうになりますが、両親からかけてもらった言葉のおかげで辞めずに続ける事ができたと語りました。話の最後に「今日出会えた事を忘れないでほしい。そして悩んだ時には今日みんなに伝えた、周りの人の言葉を聞くというのを思い出して欲しい」とメッセージを伝えました。

photo

photo