スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.09.13

宮城県 亘理町立長瀞小学校 5年1組

筏井 りさ

夢先生
筏井 りさ(サッカー)

photo

宮城県亘理町立長瀞小学校5年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、プロサッカー選手としてなでしこリーグで活躍した筏井りささん。
「ゲームの時間」では冒頭にサッカーボールを使い児童とパス交換を披露しました。その後は、筏井さんと児童が一緒のチームになりゲームに挑戦。全員の気持ちを揃えるゲームでは、最初のチャレンジでなかなか揃わなかった全員の個性が、作戦を立てながら臨んだラスト1回で見事にそろえる事ができました。筏井さんは児童に「みんなの土壇場での実行力が素晴らしいと思いました。これからもみんなの良さを伸ばしていってほしい」とゲームを振り返ってメッセージを送りました。
「トークの時間」では筏井さんがサッカーを始めてから夢に向かってチャレンジする話を披露。
お兄ちゃんの影響で小学校2年生の時からサッカーを始めた事や「日本代表になって世界で活躍する」という夢を叶えるため、目標を立てて努力をした話を語りました。「どうやったらもっと上手くなれるだろう」と自分で考えて行動してきた筏井さん。まとめの言葉として「みんなにもぜひ夢を持ってチャレンジして欲しい」とメッセージを送りました。

photo

photo