スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.09.11

福島県 いわき市立好間第一小学校 5年1組

金井 健治

夢先生
金井 健治(シュートボクシング)

photo

福島県いわき市立好間第一小学校5年1組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、シュートボクシング日本スーパーウェルター級第2代王者の金井健治さん。
「ゲームの時間」では、金井さんと児童たちが一つのチームとなってゲームに挑戦。お互いに意見を出し合ったり、作戦を何度もレベルアップさせながら、最後まで諦めずに挑戦をしていました。
金井さんは、「みんなが協力してクリアに向かうことができた。力を合わせて一つになったことがとても良かった」とこの時間をまとめました。
「トークの時間」では、柔道やサッカーをやっていたものの「夢がなかった」という金井さんの幼い頃の話から始まりました。19歳の頃、テレビで放送していたボクシングの試合を見たことが、「夢の入り口となった」という金井さん。このテレビが格闘技との出会いになりました。
シュートボクシングを続けていく中では、勝ったり負けたり、時には大きな怪我をしたりと良いことばかりではなかったそうですが、32歳の時に初めて具体的に「チャンピオンになりたい」という夢ができました。
金井さんは、「みんなも興味を持ったことや、自分の好きなことに挑戦すると、それが夢に繋がることもある。だから、今夢がある人もない人も、何事にも興味を持って挑戦してみて欲しい」とメッセージを送りました。

photo

photo