スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2012.02.29

福島県 相馬市立玉野小学校 5・6-1

有森 裕子

夢先生
有森 裕子(マラソン)

photo

福島県相馬市立玉野小学校の5、6年生の児童を対象に行われた「スポーツ笑顔の教室」。夢先生を務めたのは元マラソン選手で、バルセロナオリンピック(1992年)銀メダリストの有森裕子氏。全校児童17人という小規模校のため、当日は1年生から4年生も参加しました。
有森さんは高校入学後、陸上部に入部希望を出したものの、顧問の先生に断られました。しかし、それでも諦めず入部させてもらうために1ヶ月間、先生を追いかけ続けたエピソードを披露。「何でも一生懸命に取り組むこと。一生懸命続けていれば何か一つできるようになり、それを頑張り続けることによって形になる。物事に全力で一生懸命取り組むことを約束してください」と子どもたちに語りかけました。

photo

photo