スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.09.07

岩手県 久慈市立三崎中学校 1・2年A組

市原 誉昭

夢先生
市原 誉昭(フットサル)

photo

岩手県久慈市立三崎中学校1・2年生の生徒を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元フットサル日本代表の市原誉昭さん。
「ゲームの時間」では、冒頭に、市原さんがボールキープのデモンストレーションを披露しました。その後は市原さんと生徒達が1つのチームとなりゲームにチャレンジ。うまくいかない時は、皆で意見交換をしてチャレンジをしました。まとめの言葉として市原さんは「難しいと思うことも皆で協力をしてチャレンジすることは大切。協力をして声をかけながら活動出来たことは良かったと思います。」というメッセージを送りました。 
「トークの時間」では、市原さんがフットサルを始めたきっかけや、挫折を乗り越えた話、夢に向かって努力をした話を披露しました。小学生時代、ブラジルへ短期留学をした際に、三浦和良選手との出会いをきっかけに夢を持つことができた市原さん。まとめの言葉として市原さんは「苦しい時、つらい時に楽しい時以上に頑張ることが大切。夢や目標を持ったら何でもチャレンジしてほしい。」というメッセージを送りました。

photo

photo