スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.09.08

宮城県 東松島市立宮野森小学校 5年1組

馬渕 智子

夢先生
馬渕 智子(ソフトボール)

photo

宮城県東松島市立宮野森小学校5年1組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、ソフトボール元日本代表で北京五輪金メダリストの馬渕智子さん。
「ゲームの時間」では、馬渕さんと児童達が1つのチームとなりゲームに挑戦。お互いに意見を出し合ったり、声をかけあったり、時には円陣で心を一つにしてゴールへと向かいました。馬渕さんは、「最後まで諦めず、チームとして声を掛け合ったこと。みんなで考えた作戦をしっかり徹底してクリアすることができたことが良かった」とこの時間をまとめました。
「トークの時間」では、馬渕さんがソフトボールを始めたきっかけや、その中でもうまくいかなかった時期乗り越え、夢を叶えるまでの自身の経験を語りました。
馬渕さんは、「夢が願望から具体的になり、最後は強い想いに変わっていった。また、今持っている夢が変わることもいいと思う。それでも、夢に向かって最後まで諦めないことを大切にして欲しい」と児童達へメッセージを伝えました。

photo

photo