スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.09.06

福島県 相馬市立中村第一小学校 5年1組

田中 琴乃

夢先生
田中 琴乃(新体操)

photo

福島県相馬市立中村第一小学校5年1組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元新体操日本代表選手で、北京・ロンドンと2大会オリンピックに出場した経験を持つ田中琴乃さん。
「ゲームの時間」では、冒頭にデモンストレーションとして演技を披露。その華麗な技に児童達から拍手や歓声が上がりました。その後は田中さんと児童達が一つのチームとなってゲームに挑戦。うまくいかない時には作戦タイムを重ねて、ゲームのクリアを目指しました。
「トークの時間」では、5歳で新体操を始めた話から始まりました。小学校の校長先生からの言葉で夢を持った田中さん。“昨日の自分に負けない”と目標を立て、ちょっとずつ毎日進み続けたから結果が出てきたと優しく語りかけました。辛い時、苦しい時に家族や周りからの支えや応援があったから乗り越えられたと話しました。まとめの言葉では「壁にぶつかった時に、それですべてを諦めないでほしい。一人で進もうとしないで、周りに相談する。協力してもらうことで乗り越えられるかもしれない。一歩戻って振り返ってみたら、壁がなくなっているかもしれない。壁にぶつかって何もしないで諦める。というのだけはしないでほしい」とメッセージを送りました。

photo

photo