スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.08.31

岩手県 久慈市立長内中学校 2年C組

安永 聡太郎

夢先生
安永 聡太郎(サッカー)

photo

岩手県久慈市立長内中学校2年C組の生徒を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元Jリーガーの安永聡太郎さん。
「ゲームの時間」は安永さんと生徒たちが1つのチームとなってゲームに挑戦。ゲームに取り組む中で、自身が気づいたことや、意見などを積極的に出し合いながら、クリアを目指して取り組んでいました。
安永さんは、「発言が得意な人、苦手な人、皆にはそれぞれ色々な個性がある。人それは人それぞれだが、その個性で自分をどう表現するか。自分の持っているものをどのように輝かせるか。自分の場合はそれがサッカーだったが、皆は何か、ぜひ見つけて欲しい」とこの時間をまとめました。
「トークの時間」では、小学3年生で「サッカー」に出会った安永さんが、「Jリーガー」という夢に向かうまでの経験を、「個性」と「可能性」をテーマに伝えました。「皆はそれぞれ可能性を持っている。個性も人それぞれ。皆も自分の持っているものを大切に、夢や目標へと向かって行って欲しい」とメッセージを伝えました。

photo

photo