スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2018.08.30

青森県 おいらせ町立木ノ下小学校 5年2組

西山 淳哉

夢先生
西山 淳哉(ラグビー)

photo

青森県おいらせ町立木ノ下小学校5年2組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。夢先生を務めたのは、元プロラグビー選手でニュージーランドでもプレーしていた西山淳哉さん。
前半の「ゲームの時間」では西山さんがラグビーボールを使って子どもたちとパス交換。児童は勇気を出してチャレンジしました。その後は、西山さんと児童が一緒にゲームに挑戦。何度も失敗を繰り返しながらも、作戦タイムでは意見を出し合い少しずつゴールに近づいていきました。西山さんは「自分の意見を出せるのがみんなの素晴らしい所。他の人の意見を聞けると更に素晴らしいクラスになると思います。これからも仲良く、協力して欲しい」と伝えました。
後半の「トークの時間」では西山さんが小学生の頃まだラグビーをしていなかった時から、ラグビー選手として活躍するまでの話を披露。ラグビーと出会うまでは、負けず嫌いの努力が苦手な子どもだった西山さん。「高校でラグビーと出会い、続けているうちにラグビーが好きになり、更に大好きになったことで辛い練習や怪我があっても諦めない、努力ができるようになった」と語りました。話の最後は「継続は力なり」というメッセージで授業を締めくくりました。

photo

photo