スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.08.30

青森県 おいらせ町立木ノ下小学校 5年3組

八角 剛史

夢先生
八角 剛史(サッカー)

photo

青森県おいらせ町立木ノ下小学校5年3組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。夢先生を務めたのは元プロサッカー選手の八角剛史さん。
前半の「ゲームの時間」では、冒頭に八角さんがサッカーボールを使いボールキープに挑戦。児童5人を相手に見事なドリブルを披露しました。その後は、八角さんと児童が1つのチームになりゲームに挑戦。失敗を繰り返しながらも作戦タイムではお互いの意見を出し合いながら挑戦を繰り返し、ラストチャンスで見事クリアする事ができました。
後半の「トークの時間」では八角さんが小学校4年生でサッカーを始め、プロサッカー選手になるまでの話を披露。小学5年生で市の選抜に選ばれた八角さん。選抜の試験に誘ってくれた親友はメンバーから外れてしまい泣いているのを見て「友達の分までサッカー上手になってプロサッカー選手になろう」という夢を持ったと語りました。途中、度重なるケガで何度もサッカーができなくなってしまいますが、その間にも工夫して出来ることを探し努力を重ねた結果、プロサッカー選手になることができたと話しました。「スポーツを通して世の中をもっと良くしたい」と現在の夢を披露した八角さん。「自分もこの夢を叶えるために努力しています。みんなも夢も叶えられるように一緒に頑張りましょう」とエールを送りました。

photo

photo