スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.08.29

宮城県 亘理町立吉田小学校 5年1組

今野 顕彰

夢先生
今野 顕彰(キックボクシング)

photo

宮城県亘理町立吉田小学校5年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、キックボクシングの今野顕彰さん。
「ゲームの時間」では、冒頭にデモンストレーションとしてマットへのキックを披露。その迫力に児童達から歓声が上がりました。その後は今野さんと児童が一緒のチームになりゲームにチャレンジしました。うまくいかない時は、皆で意見交換をして作戦を立てゲームをクリアしていきました。ゲームのまとめでは「チームワーク、みんなで協力してできたことが良かった。自分が思った事をしっかり周りに伝える。ということを続けてほしい」と感想を伝えました。
「トークの時間」は、今野さんがキックボクシングを始めたきっかけや夢に向っていく話をしました。小学校2年生から大学生まで野球を続けてきた話や、キックボクシングと出会い、初めて自分がやりたいことを見付けた話しをしました。自分自身を知って、自分を好きでいてほしいことも伝えました。まとめの言葉では「人生楽しいこと、悲しいことがあるけど、その気持ちの浮き沈みは重要じゃない。色々なことを経験して、自分自身を知って、自分がどんなことが好きで頑張れるかを考えることが大切。“行動”して“考動”する。“自分が好き”とういことを見付けてほしい」とメッセージを送りました。

photo

photo