スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.08.24

青森県 八戸市立旭ヶ丘小学校 5年2組

伊藤 友広

夢先生
伊藤 友広(陸上競技短距離)

photo

青森県八戸市立旭ヶ丘小学校5年2組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
今回夢先生を務めたのは、陸上400m×4リレーの選手としてアテネ五輪に出場した伊藤友広さん。
「ゲームの時間」では最初に伊藤さんが走り方のコツを紹介。短時間でしたが、児童は走り方の変化を感じながら笑顔で取り組んでいました。その後は伊藤さんと児童が1つのチームになりゲームに挑戦。自分たちが設定した目標タイムをクリアしようと様々なアイデアを出し合いながら一生懸命チャレンジしました。最後クリアとはなりませんでしたが、伊藤さんは「一生懸命チャレンジする姿勢が素晴らしかった。夢を叶える時にも今日のように一生懸命チャレンジして欲しい」と児童に声をかけました。
「トークの時間」では伊藤さんがアテネ五輪に出場するまでの話を披露。大学1年生の時に「4年後のオリンピックに出場する」という夢を持った伊藤さん。その為にクリアしないといけない目標を1年ごとに立て、それを1つ1つクリアしていった結果、夢を叶える事ができたと語りました。最後に伊藤さんは児童に「大きな夢を叶えようと思うなら、その為の目標設定がとても大切。ゲームの時間でもみんな目標を設定したよね。簡単に届きそうな目標ではなく、夢から逆算した目標を立てること。そうすれば夢に近づく事ができる」と伝えました。

photo

photo