スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.07.19

岩手県 久慈市立宇部小学校 5・6年1組

稲若 健志

夢先生
稲若 健志(サッカー)

photo

岩手県久慈市立宇部小学校5・6年1組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元プロサッカー選手の稲若健志さん。
「ゲームの時間」では、冒頭に、稲若さんがデモンストレーションとして力強いシュートを披露しました。
迫力のあるキック力を見た児童達からは歓声が上がりました。
その後は稲若さんと児童達が1つのチームとなってゲームに挑戦しました。うまくいかない時は、皆でアイデアを出して、協力をしてチャレンジしました。まとめの言葉として稲若さんはまとめの言葉として「皆が意見を言い合って一つにまとまる力はとても大切。これからの学校生活の中でも必要なことなので、今日の事を忘れずに生かしていってほしいです。」というメッセージを伝えました。
「トークの時間」では、稲若さんがサッカーを始めたきっかけや、海外にも挑戦した事、自分の気持ちに正直に行動した経験を披露しました。「行動をしなかったら何も起きない。後悔のないように何事にも夢を持ったらチャレンジしてみてほしい。まわりの人もきっと支えてくれる。そうすれば必ず夢に近づける。そして夢を叶える最後の1歩は自分で踏み出すことが大切。」というメッセージを伝えました。

photo

photo