スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.07.19

福島県 いわき市立小名浜東小学校 6年2組

安永 聡太郎

夢先生
安永 聡太郎(サッカー)

photo

福島県いわき市立小名浜東小学校6年2組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元プロサッカー選手の安永聡太郎さん。
「ゲームの時間」では、初めに安永さんがデモンストレーションとしてキックを披露。内巻きと外巻きの2種類の球種を蹴ると児童は歓声を上げていました。その後、安永さんと児童がチームワークゲームを通じて交流を深めました。失敗しながらも少しずつ成功に近づいていった児童に安永さんは「ゲームを通して自分への声かけ、そして友達への声かけはどうだったかな?声かけ1つで受取り方が大きく変わってくる。次の時間は自分が今まで自分自身と仲間にどんな声かけをしてきたかという話をします」と伝えました。
「トークの時間」では、安永さんがサッカーを始めたきっかけや、夢を叶えるまでの話を披露。小さい時からお婆ちゃんに「あなたはやれば出来る」という言葉をかけてもらっていた安永さん。夢が見つかると同時にサッカーも勉強も頑張るようになり、自分にも厳しい言葉をかけられるようになったと語りました。授業の最後には「夢を叶えるためには色んな人から愛される必要がある。その為にまわりにはどんな言葉をかけるか、そして自分自身にどんな言葉をかけるのか大切にして欲しい」と児童へメッセージを伝えました。

photo

photo