スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.06.28

宮城県 利府町立利府第三小学校 5年2組

川崎 衣美子

夢先生
川崎 衣美子(空手)

photo

宮城県利府町立利府第三小学校5年2組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、空手家でアジアチャンピオンの経歴を持つ川崎衣美子さん。
「ゲームの時間」では、冒頭に川崎さんがデモンストレーションとして空手の型を披露しました。
そして、児童たちも川崎さんをお手本に、大きな声を出しながら、型の体験をしました。
その後は川崎さんと児童達が1つのチームとなりゲームに挑戦。
うまくいかない時は、皆で作戦を立ててアイデアを出し合いながら、クリアにむけて再挑戦しました。まとめの言葉として、川崎さんは「ゲームをはじめた時と最後の時とで比べると、最後のほうが皆が集中できていてとても良くなっていた。皆でひとつの事をする時は、自分の意見も大切だけれどまわりの意見もよく聞いて、どの方法が一番良いか考えることも大切。皆はそれができたので最後はゲームをクリアすることができたと思います。これからもこの経験を忘れないでほしいです。」というメッセージを送りました。 
「トークの時間」では、川崎さんが空手を始めたきっかけや、一緒に空手をやっていたお兄ちゃんを越えるという目標を持って努力をした話を伝えました。くじけそうになった時もあったけれど、ひとつずつ目標を立てて進んで、アジアチャンピオンになることができた川崎さん。まとめの言葉として「皆も自分が夢や目標を持ったら、ひとつずづ目標を持って頑張ってほしい。目標をクリアし続けると夢が叶うこともある。これからも出来ない事にでもチャレンジをしてほしい。」というメッセージを送りました。

photo

photo