スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.06.28

宮城県 多賀城市立多賀城小学校 5年2組

生方 繁

夢先生
生方 繁(サッカー)

photo

宮城県多賀城市立多賀城小学校5年2組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは元プロサッカー選手の生方繁さん。
「ゲームの時間」では冒頭にサッカーボールのキックを披露。座っている児童の頭上を通すと盛り上がりました。その後は生方さんと児童が1つのチームになりゲームに挑戦。作戦タイムで話し合いながら、自分たちで決めた目標タイムを見事クリアする事の出来た児童に、生方さんは「成功も素晴らしいけど、みんなの頑張りが素晴らしかった。本気で考えた作戦が良かったね。嬉しいのも疲れたのも暑いのもみんなが一生懸命考えて動いたから」と伝えました。
「トークの時間」では生方さんが小3でサッカーを始めてからプロサッカー選手になるまでの話を披露。「プロサッカー選手になる」という夢を持った生方さんでしたが、中2での怪我をきっかけに練習をさぼったり、まわりに文句や悪口を言うなど少しずつ夢を叶える道を外れていったと語りました。高校卒業の時、サッカー出来る環境が無くなってしまって初めて「本気で何か行動を起こしてみよう」と意識が変わったと語りました。行動することで少しずつ夢に向かって近づいていった生方さん。話の最後には「みんなには道を外れた時の生ちゃんみたいになって欲しくない。本気、行動、積み重ね、そして周りへの感謝を大切に夢を叶えて欲しい」と伝えました。

photo

photo