スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.06.14

宮城県 仙台市立中野栄小学校 5年2組

越本 隆志

夢先生
越本 隆志(ボクシング)

photo

宮城県仙台市立中野栄小学校5年2組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、WBCフェザー級王者になった経験を持つボクシングの越本隆志さん。
「ゲームの時間」では、越本さんと児童たちが一緒に様々なゲームに挑戦しました。はじめはなかなかうまくいかなかったゲームも、みんなで何度も話し合い挑戦することによって最後はゲームをクリアしました。ゲームの時間のまとめでは「今日はみんなで意見を出し合ってゲームにと取り組むことができた。これからのクラス行事でも意見を出し合ってみんなで協力しあえるクラスになってほしい」と感想を伝えました。
「トークの時間」では、運動があまり得意ではなかった越本さんがボクシングを始め世界チャンピオンになるまでの話をしました。何度もあきらめそうになったが、乗り越え、35歳で世界チャンピオンになれたのは、感謝の気持ちが大切だということに気付けたおかげと話し、「失敗したことは経験になる。失敗をすることで気づくこともある。失敗しても諦めずに夢に向かって行ってほしい」とメッセージを送りました。

photo

photo