スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.06.07

福島県 いわき市立小名浜第三小学校 5年2組

小林 弥生

夢先生
小林 弥生(サッカー)

photo

福島県いわき市立小名浜第三小学校5年2組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、日本代表の経歴を持つ元女子サッカー選手の小林弥生さん。
「ゲームの時間」では、小林さんと5年2組の児童たちが対戦しながらのゲームに挑戦しました。児童達は体育館を元気に走り回り、小林さんに負けないようにクリアをしようと必死に活動しました。
うまくいかない時は皆で考えて再チャレンジをしました。
ゲームが進むにつれて皆が協力をして一致団結して動く姿が印象的でした。最後は見事にゲームをクリアすることがでいました。小林さんはまとめの言葉として、「はじめは皆がバラバラなところもあったけれど、徐々に一つになって真剣に取り組むことができていた。皆の力にとても感動しました。」というメッセージを送りました。
「トークの時間」では、小学1年生の時にお兄さんがやっていたことがきっかけで、サッカーを始めたという話から、オリンピックに出るという夢を持ち、ケガや挫折を乗り越えて努力を続けたという話を披露しました。「夢があったから、そして支えてくれる人たちがいたから頑張ることができた。自分を信じて、あきらめないで進んでいってほしい。まわりで支えてくれる仲間も大切に、夢に向かってチャレンジしてほしいです。」というメッセージを送りました。

photo

photo