スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.05.25

岩手県 久慈市立大川目中学校 2年A組

吉田 理子

夢先生
吉田 理子(ボート)

photo

岩手県久慈市立大川目中学校2年A組の生徒を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、アトランタとシドニー、二度のオリンピック出場の経験を持つ元ボート日本代表の吉田理子さん。
「ゲームの時間」では、吉田さんと生徒達が一つのチームになり、様々なゲームに挑戦しました。うまくいかない時は皆で意見を出し合い、作戦を立て協力をしてゲームのクリアを目指していきました。
「トークの時間」では、吉田さんの小学校・中学校時代の話から始まり、ご自身の居場所を見つけ夢を持ったきっかけや、苦しかったことを乗り越えて夢に向かっていく話をしました。まとめの言葉では「苦しい時こそもう一歩。もうダメだと思った時の、次の一回はもっと強くいく。これが“なにくそ魂”。これがあれば、ダメな時や苦しい時を乗り越え夢に近づける。“なにくそ魂”は必ずみんなの中にある。みんなにも、苦しい時に“なにくそ”と一歩踏み出していける人生を歩んでほしい。皆を応援しています。」というメッセージを送りました。

photo

photo