スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

スポーツ笑顔の教室実施一覧
(PDFダウンロード)

2018年  

2017年  

2016年  

2015年  

2014年  

2013年  

2012年  

2011年  

  • 2011_12
  • 2011_11
  • 2011_10
  • 2011_09

2018.04.20

岩手県 久慈市立久慈小学校 6年3組

高橋 藍

夢先生
高橋 藍(シュートボクシング)

photo

岩手県久慈市立久慈小学校6年3組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元シュートボクシング選手の高橋藍さん。
「ゲームの時間」では、高橋さんと児童が一緒にゲームに挑戦。うまくいかない時にはアイディアを出し合い作戦を立てながら、全員でゴールに向かってチャレンジをしていました。高橋さんは「みんなで元気よく、うまくいかない時にも周りに声を掛けながらゴールを目指すことができた。これからも、困ったときにはお互い相談をして、作戦を立てて解決して欲しい」とこの時間をまとめました。
「トークの時間」では、高橋さんが幼い頃の話から、シュートボクシングを始めたきっかけ、そして怪我や敗戦を乗り越えながらも、諦めずに自身の目標に向かって努力を重ねた経験を児童たちに語り掛けました。高橋さんは、児童たちに「自分がやりたいと思ったことに対して行動を起こしてみること、そして諦めないことを大切にして欲しい」とメッセージを伝えました。

photo

photo