スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.02.27

宮城県 塩竈市立第二小学校 5年1組

長谷川 太郎

夢先生
長谷川 太郎(サッカー)

photo

塩竈市立第二小学校5年1組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元プロサッカー選手の長谷川太郎さん。
「ゲームの時間」では、冒頭にデモンストレーションとして長谷川さんと児童たちがサッカーボールでパス交換をしたり、正確なボールコントロールにチャレンジしました。長谷川さんの早いスピードでパスがまわるボール捌きに児童達からは歓声が上がりました。
その後は長谷川さんと児童達が1つのチームとなりゲームに挑戦。うまくいかない時は、皆で意見交換をし、作戦を立てて再度チャレンジをしました。時間の終わりに長谷川さんは「楽しむ事も真剣に取り組む事も大切。皆で力をあわせて一生懸命やると楽しい気持ちにもなると思う。チャレンジしないと分からないこともあるので何でもやってみてほしい。」というメッセージを送りました。
「トークの時間」では、長谷川さんがサッカーを始めたきっかけから、怪我の挫折を乗り越えた話など、サッカー選手になりたいという夢を持ち、叶えるまでの話を披露しました。
生きていると大変な時は必ずあるけれど、文字のごとく、大きく変われるチャンスだと思うことが大切と伝えました。まとめの言葉として長谷川さんは「夢や目標に向かって、小さな目標を持ってチャレンジしてほしい。小さな目標を立ててクリアしていく事ができれば、大きな目標をクリアする事や夢を叶える事もできるのだと思う。」というメッセージを児童達へ送りました。

photo

photo