スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2018.02.27

茨城県 日立市立助川小学校 5年1組

森 友紀(アルティメット)

夢先生
森 友紀(アルティメット)(アルティメット)

photo

茨城県日立市立助川小学校5年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、アルティメットで世界一になった経験を持つ森友紀さん。
「ゲームの時間」では、最初に森さんがディスクのパスを披露。児童に走ってもらい、その子に合わせて森さんがディスクを投げます。見事に児童がキャッチすると、体育館に拍手が響きました。その後は、森さんと児童が協力しゲームに挑戦。話し合いながら力を合わせた結果、目標のタイムを切る事ができました。森さんは「このクラスの良いなって思った所では、アイデアを持っているという事。その意見にお互いが少し耳を傾ける事ができるともっと良いクラスになると思います。」とこの時間を振り返りました。
「トークの時間」では、森さんがアルティメットを始めたきっかけや、挫折を乗り越えた話、夢を叶えるまでの話を披露しました。日本代表の選考会で、失敗を恐れるあまりチャレンジする事をしなかった結果、選考から漏れてしまった森さん。その経験をバネに「失敗してもいいからチャレンジをしよう」と本場カナダに行く事を決意。帰国後、今度は日本代表に選ばれることができました。森さんは自分の経験から「チャレンジしなければ成功も失敗もない。失敗は怖いかもしれないけど、恐れずにチャレンジしていって欲しい」とメッセージを伝えました。

photo

photo