スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2018.02.21

福島県 相馬市立飯豊小学校 5年1組

中井 健介

夢先生
中井 健介(フットサル)

photo

福島県相馬市立飯豊小学校5年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、日本フットサルリーグ(Fリーグ)ASVペスカドーラ町田所属の中井健介選手。
「ゲームの時間」では、中井選手と児童が一緒のチームになってゲームに挑戦しました。
はじめは緊張気味の児童達でしたが、ゲームの時間が始まると楽しんで取り組んでいました。一生懸命に取り組む事の大切さ、協力することの楽しさを感じる時間となりました。
「トークの時間」では、中井選手がフットサル選手になるまでの話を披露しました。
野球をしていた中井少年が、友達の誘いでサッカーを始め、サッカーの魅力を感じ「楽しい」と思うようになり、サッカーを続けることにしたと話を続けました。その後、サッカー選手を目指すようになり、夢に向かっている先でフットサルの魅力を知り、新たな夢を見つけフットサル選手となり、第21回全日本フットサル選手権大会で日本一になりました。トークの時間のまとめでは「うまくいかない時にもあったけど、夢があったから頑張ることが出来たし、好きなことや楽しいことは頑張る力になるので、みなさんも好きなことや楽しいことに全力で取り組んで欲しいと思います」とメッセージを送りました。

photo